検索
  • 宏之 寺田

解析による剛性確認

先日、客先より設計した装置の不具合の連絡がありました。

シリンダが駆動するたびに装置が振動すると。

おそらくは部品の剛性不足が考えられます。

部品自体は強度はOKだが、剛性はNG。

そこで解析を使って現状と対策形状の剛性確認をおこないました。

こんな感じで解析レポートを提出しました。

対策形状では現状の変位量を39%にまで抑えて剛性アップがはかれました。

設計段階では見つかりにくい振動問題。

設計段階での解決策は経験と勘ということになるが・・・。

今後の課題としては目に見えない経験や勘にたよるのではなく、目に見える形で

検討資料を蓄積していくことが重要。

モード周波数解析”により部品単体の剛性を上げていくことが求められろう。

15回の閲覧

© 2023 by Sphere Construction. Proudly created with Wix.com

  • Facebook - Grey Circle
  • LinkedIn - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle